2006年1月中旬、全摘手術。 病理結果・・・浸潤性乳管癌、リンパ節転移(0/19)肉眼所見にて明らかな腫瘍は認めない。ly:1+ v:− skin:− fat:− P:− honmeuri4.gif

2007年01月26日

さっきの日記の続き

またまた姉からメールがきたよ。

遺伝の検査で異常がでた場合。

卵巣がんのリスクが高くなるのは35歳過ぎてから。らしい。
でも、予防的に卵巣を取ると、もちろん子供は産めない。
将来子供を望んでいるのであれば遺伝検査はしないほうがいいかもと。
ただ遺伝子に異常があった場合50%の確立で子供の遺伝子も異常らしい。

調べるも調べないもそうだけど、調べてもし異常だった場合どうするか。
悩みどころ満載です。。。


子供はやっぱ欲しい。まさかこんな年齢で乳がんになるとは思わなかったから
病気になる前は「まだ子供はいらないー。」って言ってた。
けどこの病気になって本当に子供が欲しくなった。
でももし遺伝子に異常があれば、50%の確立で子供の遺伝子も異常。
半分だよ。大きい数字だよね。
どうするかなー。。。


posted by アロハ at 19:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悩むよねーーー。
家族やお医者様と相談してアロちゃんにとって
一番いい道が見つかるといいねー!
Posted by merry at 2007年01月28日 00:02
merryちゃん、こんにちは♪

悩みますよね。。。

そうですね。家族、主治医と相談して
自分にとって一番納得のできる選択をしようと思います!
すぐ決めるのではなく、ゆっくり考えて行きますね!
ありがとうございます☆
Posted by アロハ at 2007年01月28日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
illust31.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。